新しい自分に出会える毎日和服を着よう│和のファッションいろいろ

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

人それぞれ異なる

後ろ姿

振袖は、着る人の体型や雰囲気によって印象が変わってきます。太めの体型が気になる人は、引き締め効果のある濃い色を選ぶようにしましょう。また、大阪ではモダン柄の振袖も人気で、ハートやバラといった可愛らしい柄の着物もあります。

More...

普段使いできる

着物

和服には、きちんとした場に着ていけるものと、カジュアルな場所にも着ていけるものと分かれています。和服といえば、振袖や訪問着といった正装をイメージしますが、Tシャツやジーンズに近いカジュアルな着物もあります。特に、若い世代の女性に人気があるのが、手軽に着られる和服です。着物は通常、着る人のサイズに合わせてオーダーして仕立てるのですが、洋服のようにあらかじめサイズが決められて販売されている着物もあります。そういった着物は、プレタ着物と呼ばれ、手頃な値段で購入が可能です。また、プレタ着物は一般的な着物に使用されている柄ではなく、ストライプや水玉などの洋風な柄が多いのも特徴です。さらに、手入れのしやすいポリエステル素材や綿素材などを使用しており、自宅でのケアも簡単で初めて着物を着る人でも挑戦しやすいでしょう。着物は、帯や半襟、小物の組み合わせ次第で様々なコーディネートができます。帯や小物を数種類用意すれば、1枚の着物でもガラッと雰囲気を変えることが可能です。帯を結ぶのが難しいという人でも、最近ではすでに形が作られていてワンタッチで装着できる商品もあります。帯の結び方もリボン風のものから本格的なお太鼓結びまで種類が豊富です。インターネットの着物ショップでは、こうしたカジュアルで着やすい着物をたくさん取り扱っています。自宅周辺のお店にはない珍しい柄や低価格の着物を購入することができるので、利用してみるとよいでしょう。

粋な一着を作る

半纏

お祭りを粋に飾る半纏は、こだわりの一着をネットでオーダーメイドすることが可能です。襟や背中に入れる文字の色も豊富に選べ、布の色も100種類以上から選択できます。また、腰柄や袖口裏のデザインにこだわって作るとさらによいでしょう。

More...

イメージに合わせて

祭り

その年のテーマやチームのイメージによって、よさこい衣装を作るとよいでしょう。動きを妨げないタイプの衣装がおすすめですが、激しい動きを強調したい場合は、あえて裾が動くタイプの上着を選ぶときもあります。

More...