新しい自分に出会える毎日和服を着よう│和のファッションいろいろ

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

人それぞれ異なる

後ろ姿

未婚女性の正装である振袖は、大阪の成人式や結婚式に参列する際によく着用されます。日本の礼装ではありますが、なかなか着用する機会も多くはないため、どんな振袖を選んだらいいか迷うこともあるでしょう。振袖をはじめ着物は、体型によって似合う柄や色がはっきりわかれる服で、同じ柄や色であっても着る人によって違う着物に見えるほどなのです。ぽっちゃり体型の人には、全体的に膨張しない色を選ぶとよいでしょう。特に、引き締め効果のある紺色や濃いグリーンなどがおすすめです。また、振袖の柄はあまりたくさん入っていない方がすっきり着こなせます。さらに、ボリュームの出やすい上半身に柄が少ない着物を選ぶとよいでしょう。痩せていてスリムな体型の人には、膨張色である暖色系の振袖がよいです。なぜなら、引き締め効果のある濃い色を選んでしまうと、スリムさが強調されてしまうからです。ですので、温かみのあるピンク色やクリーム色を選びましょう。優しいイメージで振袖を着こなせます。振袖に描かれている柄には、意味が込められているので、柄から着物を選ぶのもよいでしょう。また、大阪では最近、モダン柄と呼ばれる新しいタイプの振袖も登場しています。今までの振袖では、桜や打ち出の小槌といった伝統的な柄が描かれているのが一般的でしたが、芸能人プロデュースの着物や洋服ブランドの着物が登場したことによりモダン柄が大阪で浸透しました。ハートやバラ、スワロフスキーをあしらったデザインなど、現代の女性に支持されやすいデザインが大阪でも登場しています。